Blog

鬱金20ネタバレ感想

さて、手首の調子もまた少し落ち着いてきたのでネタバレ感想やってみます。

 

 まず帯と表紙裏のあらすじに物申す!

 

<帯>

('ω')「金・銀・紫・白・・・」

 

(つд⊂)ゴシゴシ

 

はいもう一度よく見てね!

 

(゚ω゚)「金・銀・紫・しr・・・・」

 

(゚д゚)!

 

(゚Д゚;)「金・ぎnn・・・・」

 

:(;゙゚'ω゚'):「!?」

 

っておおおおおおい!!!

そんな妖主はいません。

かねへんしか合ってませんやん。。。。

 

<裏表紙あらすじ>

 

('ω')「・・・その根源を知るべく璃岩城へ赴くラスと闇主・・・」

 

(゚ω゚)「りがんじょう・・・?」

 

(゚Д゚)ハァ?

 

確か19では…(。′д`)。o○ 

ラス『(ここはこれまで立ち入ったことのない場所だ・・・)闇主、ここはいったい何なんだ?』

闇主『おれが造った遊び場』

 

だーよーねーーーー???

 

しかも今巻で闇主ははっきりくっきり「世界から完全に隔絶された空間」で「おれ以外立ち入りできない構造」をしていると明言してますし璃岩城なわけがありませんよ

 

まったく。

 

コバ編さん、やっつけ仕事するぐらいなら帯もあらすじも不要ですからね。ていうかまえたませんせーに失礼すぎるだろ。

 

 

さーてー。ちょっとスカッとしたところで本編の感想へ。

 

あ、その前に扉絵のラス、いつから髪はセンター分けになったのだ・・・・・。

 

<第五十六章(続)>

1,2

あーまたモブキャラから始まる高いハードル来たああああ・・・・。

大分慣れてきた展開ですが、でもいきなりこれはやっぱり読み進めるのがツライ(;´д`)トホホ…

ついでに乱華も出てきて人間観察も始めるし。。。

ていうか君半分人間でラスとママと10年ほどは一緒にいたくせに人間の精神面に関する知識がこれほどまでにお粗末って、それどうよ。

 

久しぶりのセスラン様と衣於留ねえさん。セスラン様はヴァージョンアップしてすでに妖貴を3体も封印しているとな。なんていうか、上級魔性との半人半妖ってラスと乱華は特別だけどそれ以外はとりわけ魔性と張り合えるような力はないみたいなニュアンスで物語の冒頭は進んでたけど、全然そんなことないじゃいか。。。

確かに人間の親の方の素質も関係あると思いますけど。

ただし、力はあるといっても限度はあるわけで特にメンタル面が気になる衣於留ねえさん。でもそんなに心配するほど、魔性の毒牙は恐ろしいのかなぁ。セスラン様のメンタルものっっっすごい強固なイメージしかないんですけど。そして人間の汚れた部分や弱さなんて熟知してると思ってたんだけど。

 

<第五十七章>

赤男の誕生秘話的な小ネタ。序盤からなんとなーく紅→黄臭が・・・するような・・・。とそんなことを思いながら読んでいると、なんと赤男の奴めは初めて出逢った相手(男)の衝撃的な姿がどうしても忘れられず自棄を起こして秘密の部屋にブロマイド作りやがりました・・・。おおーい・・・・私は思いっきり引いたぞ。

でも、力のあるものに惹かれるのは魔性のサガ。今より確実に純粋で荒削りだった闇主にとっては刺激が強すぎたのね。ホレちゃったのね。そして今カノに元カレ(違)をお披露目する赤男。どーだおれの初恋の相手は!すげーだろ!!おまえもこれぐらいすげーやつになりやがれとカツを入れちゃう。

 

そしてどんどんパパへ思いを馳せちゃう若かりし日の赤男。あのころのお前が忘れられない!あのイケイケだったころのお前はどこへ行ったー!あのころの姿が見られないなんて退屈すぎてもう死ぬしかない!とか相当重症な模様。いやー柘榴の君、親子二代に渡って翻弄されてるとはいえ、あなたラスと出会ってよかったねー。フタを開けてみれば、お互い叫んでたわけだし。「わたしなんていらない」って。最後にほんのりと闇ラスモノローグがあって闇ラスの飢えはほんの少し満たされました。ほんのすこ―――――――しだけ。

あ、それと後付設定な感じもしますが、赤男がラスと「ずっと一緒の約束」したそばからラスを置き去りにした理由も明かされましたね。パパの横槍にビビってたとか柘榴の君って本当にパパに弱いなwww

 

ラスのモノローグ。とーさまみたいにカッコよくてキレッキレの魔性になるために魅了眼全開で挑んだ中で、『輝ける闇』について考察してる模様。どんな魔性も闇属性のみだと思い込んでいたラスですが、そうではない。闇の中に光あり。闇の中に変化の兆しあり。ってなわけですね。そして荒ぶる五闇の調教を始めるんでしょうか。外側からではなく内側から変えていくやり方で。

 

<第五十八章>

1~3

ふたたびのモブ登場。生きるための選択肢は限りない。人間の生への執着は醜い姿ばかりではないと、思いは心を繋ぎ、共鳴し、人間も捨てたもんじゃないのかなーと思う乱華。なんですかね。。。今回のテーマは『魔性を内側から変えてみよう』でしょうか。。。

 

<第五十九章>

セスラン様ご登場。セスラン様の意識はマンスラム様とかママに出会って浮城寄になったけど、ラスに出会ってやっぱりどっちかっていうと中立になったんじゃないのかな。ラスだって最初は魔性のことを憎みまくってたけど今はものすごくニュートラルな状態だし魔性と人間の共存を目指す展開ならむしろセスラン様もラスも中立でいいじゃない。

 

この巻で一番難解な場面・・・・。つまりあれですよね。やっぱりここも『内側から変わっっていく魔性』ってこと?セスランを心配しているのはマンスラム様やサティンやリーヴシェランだけでなく、彼の体内に共存している捕縛された魔性のたちの中にもそういったものがいるってこと?

 

一人引きこもってイメトレする雛。ていうかそろそろ雛の名前出してもいい頃なんじゃないのかと思うけど、雛は肉体的にもいずれ成長するのかな?その時になって色々と情報公開されるんでしょうかね。

そしていきなり現れた緋陵姫。よく乱華が別行動許したな。いや、乱華の目をかいくぐってるとか? 緋陵姫の意味深な発言で今巻は終了。『わたしが知る真実すべて』ってもしかしてママの記憶とか引き継いでない・・・よね? さて、何を企んでいるやら。。

 

<まとめ>

内側から変わるのは魔性だけじゃなくそのうち人間側も変わるのかなー。じゃないと共存は無理だよね。

鬱金はあと10冊ぐらい続くんじゃなかろうかと思うほど全然進まないな(;^ω^)

Pagination

関連エントリー

Comment

matsu

内容にほぼ関わりのない感想。
この巻から巻末広告スペースの破妖の広告が3ページ
(厦門様イラストの頃の本の広告も掲載されます)になりましたようで。

  • 2016/04/07 21:39:10

はいど

matsu様
わー!こんな更新停滞辺境サイトへいらっしゃいませー!
そうですか。。。本編なかなかにライトなのに広告ページ数増えましたか(*´iωi`*)
家帰ったら文庫確認してみよう。。。

あ、ちゃんと最新刊まで買ってはいます!
今サイトリニューアルを計画してるので動きが鈍くて申し訳ありません(;´Д`)

  • 2016/04/12 13:10:33

権限がありません

このコメントを閲覧する権限がありません。

  • 2016/05/07 11:44:17

Post Your Comment

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
Name
E-mail
URL
Comment
閲覧制限
投稿キー(スパム対策に、投稿キー を半角で入力してください。)

Utility

Calender

10 - 2018 / 11 - 12
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Entry Search

エントリー検索フォーム
Keyword

Recent Entry

Recent Comment

Re:BLOOD-C オープニング「spiral」歌詞和訳に挑戦!
2016/05/25 from いや
Re:鬱金20ネタバレ感想
2016/05/07 from 権限がありません
Re:鬱金20ネタバレ感想
2016/04/12 from はいど
Re:鬱金20ネタバレ感想
2016/04/07 from matsu
Re:鬱金の暁闇15感想
2015/10/02 from matsu

Recent Trackback

Re:40000HIT記念画像
2015/01/10 from 承認待ち
Re:40000HIT記念画像
2015/01/10 from 承認待ち
Re:40000HIT記念画像
2015/01/10 from 承認待ち
Re:40000HIT記念画像
2015/01/10 from 承認待ち
Re:40000HIT記念画像
2015/01/10 from 承認待ち

RSS Feed